キャバクラの「体入荒らし」とはどんな子のこと?

キャバクラの運営責任者や店長が忌み嫌う存在に「体入荒らし」の女の子があげられます。
体験入店(いわゆる体入)をすれば1晩働いた分の日当がその日のうちにもらえる仕組みです。
お店の設定する時給や働いた時間などにもよりますが、1晩働いて1万円前後の収入にはなります。若い女の子にとって1万円の臨時収入は結構大きいですよね。

私も初めて体入で報酬をもらった時は「キャバクラのお仕事でお金がもらえた」と思って凄く嬉しくなりました!
でもあくまでも体入は本入店する前の段階のお試し入店なので、基本的には1晩お仕事をさせてもらってお店の雰囲気や客層が自分に合うかどうかをチェックするためのもの。
報酬はいわば「副産物」でしかないわけです。

ところが体入荒らしの女の子は「副産物」である報酬を目当てに次々にキャバクラ店で面接を受け、体験入店を繰り返しては二度とそのお店と連絡を取ろうとしません。
お店の側としては「せっかく働いてもらおうと思ったのに、報酬を受け取ったら二度と連絡が取れなかった」となり、お店の採用担当者からすればガッカリです。
「体入荒らしに違いない」と思われても仕方ありません。

狭いエリアで体入荒らしを行うと名前や顔の特徴などの情報を各店舗で共有する事もあるので、面接に行くといきなり「お帰りください」と言われるリスクもあります。
もし本気でキャバ嬢として働きたいなら、体入荒らしは絶対にしない事です。

参考記事:嫌われるキャバクラでの働き方「体入荒らし」ってどーゆー意味?

ずっと繰り返すとブラックリスト入り

個人情報は大事なものとして取り扱われるようになりましたが、体入荒らしのようにお店に実害を負わせるような不届き者の情報は店舗によっては共有される事もあります。
また何度も体入を繰り返す常習者は、業界のブラックリストに名前や住所などの個人情報が掲載される可能性もあります。

ブラックリストに載るような女の子はなかなかいないかもしれませんが、お店に迷惑を掛ける体入荒らしは絶対にやめてください!
もし特定のお店に所属せずにキャバ嬢の仕事でお金を稼ぎたいなら、派遣会社と契約して派遣キャバ嬢として働くことをおすすめします。